葬儀を執り行う場所は色々とある|家で行うのが難しいなら利用しよう

費用を抑えたい

花

遠慮しないで相談する

東大阪で行うお葬式にかかる費用は大きく、次の3つに分けられます。1つ目が通夜や葬儀など直接的な葬送式に関する費用、2つ目が戒名料や読経料など寺院へのお布施・神社へに支払う費用、3つ目が通夜ぶるまい、精進落としなど飲食に関する費用です。お葬式の予算を決める時はこの3つの費用について、葬儀社の担当者と具体的な内容を決めながら算出していきます。例えば通夜・葬儀に関する費用なら、祭壇を含めた葬祭具一式の費用、骨壺や棺の費用、タクシーや霊柩車の費用というふうに算出項目の1個1個について詳しい内容と共に予算を割り出していきます。お葬式の予算があまりないという東大阪の喪家は、遠慮しないで率直に葬儀社に相談してみることです。正直に予算はこれくらいを予定していますと言えば、相応のお葬式を考えてくれます。

制度を利用する

お葬式をできるだけ安い料金で押さえたい東大阪の人は、祭壇を中心とする葬祭飾りのランクを下げたり、僧侶へのお布施(読経料、戒名料など)を少なくすることで対応できます。それでも予算が足りないという場合は、自治体によって異なりますが、各市町村が行う市民葬や区民葬の制度を利用することもできます。これは自治体が特定の葬儀社と提携することで、東大阪で行うお葬式全般を比較的安い料金で行うことを目的とした制度です。利用資格は、この制度を実施する自治体と同じ市または区などに在住していることが条件となります。役所の窓口(市民課・区民課)で所定の申請用紙に必要事項を書いてこれを喪家または代理人が申請すれば受理されます。

Copyright© 2017 葬儀を執り行う場所は色々とある|家で行うのが難しいなら利用しよう All Rights Reserved.