葬儀を執り行う場所は色々とある|家で行うのが難しいなら利用しよう

変わりゆく葬儀の形

線香

小規模の葬儀

家族や親族、ごく親しい人だけで行う葬儀を「家族葬」と言います。義理や付き合いを避けたい、費用を抑えたい、希望通りの葬儀を行いたい、と言った声から生まれたものです。通夜や葬儀は普通に執り行われ、規模に決まりはありませんが、参列を明確にお願いされない限り、親族以外の人は参列しないほうが良いでしょう。また家族葬の場合、香典、供花、供物は基本的には断ります。明確な辞退の意思ない時でも送らないほうが無難ですが、弔電は返礼品を用意する必要がないので、送ってもかまいません。同じような小規模な葬儀に「密葬」がありますが、こちらは亡くなったことを公にせずに、通夜から火葬まで行うことで、家族葬とは違います。家族葬は、費用が安いことが魅力のひとつですが、決してそれだけで選ばれているわけではありません。大切な人との最後の時間をゆっくりと過ごせるので、見送る側の満足度も非常に高いのです。葬儀の内容は、セットプランであれば、一般葬とほとんど変わらないと言って良いでしょう。家族葬ならではのオリジナルの葬儀をあげられることも、人気の理由です。家族葬を取り扱っている葬儀会社も多くなっており、自宅や専用ホールで、家族の希望に沿った葬儀をあげる人も増えています。家族葬は葬儀の形としては、まだまだ進化している途中なので、明確な決まりはありません。事前相談を行っているところがほとんどなので、いくつかの葬儀会社を比べてみるのがおすすめです。

Copyright© 2017 葬儀を執り行う場所は色々とある|家で行うのが難しいなら利用しよう All Rights Reserved.