葬儀を執り行う場所は色々とある|家で行うのが難しいなら利用しよう

費用の内訳

蝋燭

家族葬とは、家族や親族とごく親しい少数の参列者のみで行う葬儀のことです。近年は冠婚葬祭が縮小傾向にあり、家族葬を行う人も増えています。横浜では全国展開している葬儀業者もあれば、横浜近郊で展開する葬儀業者もあり、家族葬の取り扱いも多いです。そのため、比較的選択肢は多めです。家族葬にかかる費用の内訳は、大きく分けて四種類です。施設にかかる費用、葬儀の施行にかかる費用、参列者への接待にかかる費用、宗教にかかる費用です。施設にかかる費用とは、葬儀会場に支払う費用をさします。家族葬は一般に参列者が少ないため、費用も少なくてすむことが多いです。横浜にも多い家族葬専門業者だと、より費用を抑えられることが多いです。施行にかかる費用とは、棺桶代、祭壇や花の費用、火葬代などです。こうしたものは遺族や故人の考え方次第で大きく変わってくるものであり、節約しようと思えば簡素なものにもできますし、豪華にすることもできます。個人差が大きくなるところです。参列者への接待にかかる費用とは、香典返しや通夜ぶるまいの食事などのことです。参列者が少ないと当然安くなります。横浜では比較的予算をかける傾向にありますが、やはり通常の葬儀と比べると安くすみます。最後に宗教にかかる費用ですが、お布施など宗教者に支払うお礼があたります。厳密には気持ちなので支払う金額は自由なのですが、一般的には十万円前後が多いです。地域差があるため、横浜の慣習を業者に聞いておくべきでしょう。

Copyright© 2017 葬儀を執り行う場所は色々とある|家で行うのが難しいなら利用しよう All Rights Reserved.